国定教科書の変換

  
*〜昭和七年の教科書は尋常小学国語読本
   いわゆるハナ・ハト読本といわれた。
   内容の特色として
    @児童自身を主人公にしたものが多く
    A童話 童謡を文学教材にして 
    B外国紹介など国際的視野に立っていた。 
    …ハナ ハト マメ マス ミノ カサ 
      カラカサ…
    (大正十五年三月までの出生者が使用)
   
*〜昭和十五年の教科書は小学国語読本、
  いわゆるサクラ読本といわれた。
  特筆されることは
   @挿し絵・表紙が色刷りで
   A単語でなく文章法を使用して
   B劇的教材が豊富であった。
    しかし一方では空中戦とか東郷元帥など
    軍事的教材、
    天の岩屋・神武天皇などの神話的教材、

    サルトカニ、浦島太郎などの伝説的教材が
    軍国主義への予感を強めていった。
    …サイタ サイタ サクラガサイタ 、
     コイ コイ シロコイ  、
     ススメ ススメ ヘイタイ ススメ… 
    (昭和九年三月までの出生者が使用) 
                               
*〜昭和二十年の教科書は
    いわゆるアサヒ読本といわれ、
   @十六年に国民学校令が公布され、 
   A義務教育の年限が八年となり、
   B国語・終身・地理・歴史が統合され
     国民科となる。
     忠君愛国の精神を鼓吹して皇国民の
     練成をめざしていた。
     …アカイ アカイアサヒ アカイ… 
    (昭和十四年三月までの出生者が使用)
                           

*〜昭和二十一年の教科書は 敗戦直後
    連合国軍の占領下でだった。
    今までの教科書の国家主義・軍国主義 
   ・神道主義の教材に対して
   @切り取り・貼り合わせ・墨ぬり
     による削除をし
   A終身・歴史・地理の授業停止がなされ
   B教科書の回収が行われた。
   そして削除対象外の教材をベースにして
   編集された暫定教科書が発行されたが、
   新聞用紙に本文二段組みの印刷をした
   粗末なものだった。
   製本もされずA5版に切り揃えるか、
   折りたたんで使用した。
   (昭和十五年三月までの出生者が使用)   

* 〜昭和二十四年の教科書は 新学校制度六・三制発足され、GHQの提案により、
    話す・  聞く・読む・書くを主体とした教科書で
    …まことさん はなこさん…
    …いなかのいちにち…
    …いさむさん…を発行する。
    これらの三冊は後の検定教科書に大きな影響を与えた。
    (昭和十八年三月までの出生者が使用)      

next