「おじいちゃんはお寿司が大好きだね」
「うん 毎日でもいいなぁ。そういえば
昔は、寿司のような贅沢なもんは年に
何回食べたかなぁ、お祭りとお正月
ぐらいしか食べられんご馳走だったなぁ。
 おかずに野菜の煮物でもあれば
『わぁー』と喜んだもんだ。
いつもは梅干し、たくわん、味みそ
ぐらいでのう。
甘いもんといえば黒砂糖を舐め、
 ネズミの糞みたいな切干しの
芋をよくかじったぞん。
麦ばっかしの麦めしや、芋を混ぜた
芋めしはまだましな方で、雑煮なんぞは
汁ばっかしで、箸に何にもかからなんだ。
それに塩辛くてのう、一言でもまずいなんて
言おうものなら、もう食べさせてもらえず
腹がへって、泣いて寝床に潜りこんだもんだった」

「お腹が空くってあまり感じたことないけど、辛い?」

「そりゃ辛いぞん。だから女川や稲葉山へ、食べれるもんを採りに行くのは、わしらには
手伝いを兼ねた楽しい遊びだった。

*シジミ 女川の西の小びん川の砂地に無尽にいた。
    (味噌汁の具、しぐれ煮)   
* ツボ 水を張った田んぼなら、どこにでもいてバケツ一杯位はすぐ採れた。
      よく洗って茹でて千枚通しで身をだす。
      (味噌あえ、三月桃の節句のお供え)
*イナゴ 稲穂のでるころ、布袋の口に竹筒をしばりつけ、掴んだイナゴを竹筒から
      いれ、袋をいっぱいにする。  
      (空炒りし飴炊、乾燥し味噌汁のだし)
*春のグミ、野イチゴ、桑の実
*夏の西瓜、トマト、キナウリ
*秋のナツメ、柚、ヤマモモ、柿、椋の実

わしらのおやつは産地直送じゃなくて、産地直口だったぞん。
ワッハッハッハ」




next